2019年最新版【ブラックジャック】

オンラインカジノ初心者講座

バカラ (Baccarat)

 
ギャンブルゲームの代表的なものとして、バカラが世界で獲得している人気と比べると、カジノが違法である日本では、バカラというゲームの認知度は驚くほど低く、馴染みのあるものではありません。たまに耳に入ってきても、バカラ賭博が行われていた闇カジノが摘発されたりだとか、大手製紙メーカーの役員が国外カジノで会社の資金を使い込み、バカラで数十億を溶かしたといったもので、あまりポジティブな話題でないことがほとんどです。ですが、これは単に日本のメディアがギャンブルに関して好意的な話題を取り上げないためで、けっして実際のバカラが怖い、危ないばかりのものだということではありません。現に世界のカジノでは、ハイステータスな人達に愛好され、もっとも大きな額が動くゲームとしてバカラは受け入れられています。
近年はオンラインカジノの普及が進み、casinoluv.net日本からでも安全にギャンブルの興奮を楽しむ環境が整備されてきました。これを受けて、オンラインカジノでバカラを楽しんでいる人の人数も少しつずつ増えてきていますが、まだまだバカラのことは良く分からないという人も多いようです。そこで、この記事では、バカラの魅力を広く発信するため、バカラに関する様々なことを紹介したいと思います。


バカラ (Baccarat) の歴史


バカラとは、イタリア語で数字の0を意味する言葉です。このことからも分かるように、バカラの起源は中世イタリアに遡ると考えられています。15世紀頃にはフランスに伝わり、当初は富裕層や貴族の間で主にプレイされていましたが、そのうち一般のカジノでもプレイされるようになると、人気に火が付いてヨーロッパ全土に普及していきました。その過程でルールも発展していき、プントバンコ(punto banco)、シェマンドフェール(chemin de fer)、バカラバンク(Baccarat en Banque)などのバリエーションも誕生しました。中でも、現在主流としてプレイされているプントバンコのルールが確立されたのは19世紀中頃であると言われています。20世紀にはアメリカにも人気が波及し、世界中で遊ばれるようになりました。ちなみに今現在、世界で一番バカラ人気が高いのはマカオのカジノで、驚くべきことにカジノの利益の大半がバカラにより生み出されているほどです。日夜熱狂的なプレイヤーが集まってフロアを賑わせています。

また、フランスのガラス工芸として有名なバカラグラスですが、これはトランプのバカラゲームと関係はありません。こちらはフランスのロレーヌ地方にあるバカラ村で興ったガラス工芸であるため、バカラと銘打たれています。バカラ村の名は、バッカスというワインに由来しているそうです。

バカラ (Baccarat) の遊び方


ここでは、もっとも一般的なスタイルのバカラ(プントバンコ)の遊び方について説明します。バカラの基本的な目的は、プレイヤー・バンカーと呼ばれる2つのカードの組を作り、どちらの合計値が9に近いかを予想することです。なお、この片側のカードの組のプレイヤーという名称は便宜上のもので、バカラをプレイしている人は、バンカーの側にも賭けられることには注意してください。
まず、前提としてバカラでは、カードの数値は次のように計算されます。

  • A~10: カードの数値と同じ(= 1~10)
  • 絵柄: 0

ジョーカーは除外し、カードのスートはバカラにおいては意味を持ちません。2枚の合計値が10を超えていた場合、1の桁だけが参照されます(例: 8と9=>和は17ですが、合計値は7と考えられます)。
ゲームの進行は次のような流れとなります。

  1. プレイヤーは、プレイヤーサイド・バンカーサイドどちらが勝つか、またはタイ(引き分け)になるかを予想し、テーブルにチップを置く。それ以外にも、最初に配られるカードがゾロ目となるかを予想するなどのサイドベットが設定されているテーブルでは、サイドベットもこのタイミングで行う。
  2. ディーラーがプレイヤーサイド・バンカーサイドに2枚ずつカードを配る。
  3. いずれかのサイドの合計値が8か9であれば、そのまま両者の合計値を比較する。合計値が高い方が勝ちで、もし同じ合計値であれば引き分けとなる。
    1. プレイヤーサイド・バンカーサイドの勝ちを予想していたプレイヤーは、予想が的中していれば配当を受け取り、外れていればチップは没収される。引き分けであればチップは返却される。
    2. タイを予想していたプレイヤーは、両サイドが引き分けの場合のみ配当を受け取り、どちらかの合計値が大きかった場合はチップが没収される。
  4. プレイヤーサイドは合計値が6未満なら、3枚目を引く。バンカーサイドの行動は、次のような場合分けに従う。
    バンカーサイドの合計値が
  1. 2以下:  3枚目を引く
  2. 7以上:  3枚目は引かず、2枚の合計値で勝負する
  3. 3~6:     その時のプレイヤーサイドの合計値に依存し、

下表と合致する場合には3枚目を引く

バンカーサイド

プレイヤーサイド

3

8以外

4

2~7

5

4~7

6

6~7

  1. バカラでは4枚目以降を引くことはないため、3枚目を引き終えた時点で合計値を比較する。勝敗、引き分けは上の3.と同様に判断される。

バカラ (Baccarat) をプレイする上での注意点


バカラでは、プレイヤーサイド/バンカーサイド、タイ、その他サイドベットなど複数の賭け方が可能ですが、基本的にはプレイヤーサイド/バンカーサイドのみに賭けて勝負することが推奨されます。というのも、タイやサイドベットには高いハウスエッジが設定されているため、勝ちの期待値が小さくなってしまうためです。ここぞというときの直感に従って賭ける場合を除き、これらの賭け方で勝負し続けるのはやめておいた方がいいでしょう。


バカラ (Baccarat) の種類


ここでは、主要なバカラの種類について紹介します。

  • プントバンコ(punto banco)
    アメリカやアジアのカジノでもっとも一般的なルールで、オンラインカジノでももっとも広く遊ばれています。ゲーム進行は上に説明した通りですが、レートの高いテーブルになると、もっとも多くのチップを賭けたプレイヤーがディーラーの代わりにカードをめくる「絞り」というルールが追加されて遊ばれます。このような絞りのあるバカラはビッグバカラと呼ばれ、対してプントバンコはミニバカラと呼ばれることもあります。
  • シェマンドフェール(chemin de fer)

ヨーロッパのランドカジノで人気の高いルールで、バンカーサイドをプレイヤーが務める点が特徴のバカラです。また、カードを引く、引かないという条件もプントバンコと少し異なっています。イギリスではシェミー(chemmy )とも呼ばれています。

  • バカラバンク(Baccarat en Banque)
    プレイルールは、通常のバカラと変わりませんが、バンカーに対してプレイヤーが2組同時にプレイすることが特徴で、ダブルテーブルのバカラとも呼ばれます。イギリス、フランスなどのヨーロッパのカジノでプレイされています。
     

とくに、ビッグバカラの絞りこそが、バカラの醍醐味であるという人も少なくありません。オンラインカジノのライブバカラでは絞りのあるビッグバカラのテーブルでも遊ぶことができますので、慣れてきたらぜひ遊んでみましょう。

 


 
トップページ オンラインカジノ比較 初心者講座 入出金方法 オンラインカジノ入金方法